スタバ バイト 覚えること

スタバのバイトで覚えることには何がある?

スポンサードリンク

スタバのバイトは覚えることが多く、大変だというネットの書き込みを多く見ます。

 

具体的に何を覚えなければならないのかというと、ドリンクのレシピ、カップに書くID、材料の仕込み、コーリングの仕方、フードやコーヒー豆の特徴、各種器具の特徴などです。

 

さらに新製品のプロモーションが入ると、これについても覚えていかなくてはなりません。

 

あまりにも覚えることが多いので、ついていけるのかどうか心配になりますが、お客様に喜んでいただくためには自ら進んで勉強していくことが大事です。

 

また、研修期間後にはテストがありますので、これをパスしないとバリスタにはなれません。

 

スタバでのバイトは慣れてからも日々勉強が必要です。

 

覚えることは商品知識だけではなく、接客のスキルをどう磨き実践していくかなど、決していい加減な気持ちではスタバのバイトは務まらないのが現実です。

 

スポンサードリンク

 

スタババイトの接客の流れ。意外な事実を発見!

スタバでバイトする上でどのように接客したら良いサービスができるか、それにはちょっとしたコツがあります。

 

ベテランバイトに聞いた接客の流れは、最初の挨拶は「いらっしゃいませ」ではなく、できるだけ明るく「こんにちは」と言うことが大事だそうです。

 

また、おすすめを聞かれた時は丁寧に、ドリンクの準備をする時は一言お客様に理由を告げてからその場を離れます。

 

金銭を受け取る時は必ず両手を使い、見送りの時はレジの流れで挨拶するのではなく、タイミングを計ってから笑顔で「ありがとうございます」と言いましょう。

 

スタバはサードプレイス(家や職場などに続く第3の場所)として、いつでも気軽に戻ってこられる場所という意味で、縁が切れる印象の「ました」は使わず、ありがとうございますと挨拶します。

 

些細なことですが、心温まる接客ができるのも、スタバのバイトの皆さんがこのような流れを日々大事にしているからかも知れませんね。

 

スポンサードリンク