スタバ バイト マニュアル

スタバのバイトにはなぜマニュアルがないのか

スポンサードリンク

大手の飲食チェーン店には大抵どこにでもマニュアルというものが存在しますが、スタバにはありません。

 

もちろん、ドリンクのレシピなど商品についての品質管理はきちんとされていますが、接客の面でスタバならではのおもてなしを実現するためにマニュアルはないのだそうです

 

それはパートナー(バイト、社員)の自主性や創意工夫を重んじて引き出すことによって、マニュアルに縛られない上質の接客ができると考えるからです。

 

1人1人が考えて行動するからこそスタバの接客は素晴らしいと言われるのですね。

 

特に学生からはバイトをするならスタバがとても勉強になると言われています。

 

これから社会に出て仕事をする学生にとって、スタバのバイトで学んできたことは自分の中で大きな自信となって就職後も活かすことができるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

スタバのバイトが行うクローズ作業

スタバのバイトには閉店後30分〜1時間クローズと呼ばれる仕事があります。

 

シフトがラストまでの日は、クローズ作業を行ってから帰ることになります。

 

クローズは、店内の清掃、片づけなど、翌日気持ち良く開店できるようにする作業のことを指しますが、スタバでは時間内に終わらない場合、時給が発生せず無給になってしまうこともあるようです。

 

いわゆるサービス残業と言われるものですが、これはスタバのバイトが本当に好きだからこそできることかも知れません。

 

ただ、時間帯が深夜ですので、クローズをなるべく早く終わらせて帰りたいというのがバイトの本音なのではないでしょうか。

 

そのため、慣れているバイトは営業時間中でも差支えないクローズ作業から始めていくようです。

 

慣れないうちはどうしても時間オーバーしてしまいますが、サービス残業にならないようにできるだけ早く終わらせるようにしたいですね。

 

スポンサードリンク