スタバ バイト 主婦

主婦でもスタバでバイトできる?

スポンサードリンク

子供がいる主婦でもスタバでバイトしてみたいという人はたくさんいます。

 

でもスタバは若い店員が多いイメージなのでなんとなく気後れしてしまう…、難しそうな仕事内容についていけるか不安…、といった声があります。

 

スタバでは30代、40代の主婦もバイトスタッフとして活躍していますが、小さなお子さんのいる主婦には少し厳しい状況です。

 

なぜかというと、小さな子供に突発的なアクシデントはつきものだからです。

 

急な発熱とか怪我とか…。

 

同じ小さな子供を持つ主婦同士であれば、お互いに大変さが分かりあえるでしょう。

 

ですが、20歳そこそこの大学生や独身のフリーターのバイトスタッフには、その大変さが伝わりづらいのは確かです。

 

そのため、若い人が多い職場では、お子さんの急病で休みたくても周りになかなか理解してもらえないというケースもあるようです。

 

主婦がスタバのバイトを続けていくためには、家族の協力が必要になります。

 

スタバの仕事が大好きでバリスタや時間帯責任者を目指して頑張っている主婦バイトはたくさんいますし、若いバイトが気付かないことも主婦ならではの気遣いでさっとこなせることもあります。

 

主婦だからと言って諦めず、スタバのバイトにチャレンジしてみる価値は大いにあるのです。

 

ここで、ちょっとまとめてみます。

 

まず、主婦でもスタバでバイトすることは可能です。

 

最大のポイントとなるのは、「お店が求める出勤日数をクリアできるかどうか」にあります。

 

もちろん、お店によって違いはあるのですが、一般的な店舗の場合、最低でも1週間に3〜4日はシフトを組めることが条件です。

 

それ以下の出勤率だと、主婦でなくとも採用はちょっと難しいでしょうね。

 

バイトする時間としては、短くても3時間は必要です。

 

長ければ8時間働けるとお店は喜ぶと思いますが、主婦だとさすがにそれは厳しいと思います。

 

スタバでバイトする主婦の傾向としては、だいたい午前10時から午後2時まで、もしくは午前中の間だけといった具合に働いている主婦が多いようです。

 

スポンサードリンク

 

それと、せっかくスタバのバイトに採用されたにもかかわらず、一定数の主婦が数ヶ月の間に辞めてしまうのだそうです。

 

その理由は、「家庭とバイトの両立ができなかったから」というのが大半らしいですのですが…。

 

憧れのスタバで働けるようになったのに、これではちょっともったいないですよね。

 

「どうすれば主婦業とスタバのバイトを両立できるのか?」

 

家族と相談し、お互いに協力し合いながら取り組んでいく姿勢が大切だといえそうです。

 

スタバのバイトに落ちたときに考えられる理由とは

残念ながらスタバのバイト面接で不採用になってしまった時、服装も笑顔も受け答えも気を付けたのになぜ落ちた?といろんな思いが頭の中をよぎります。

 

スタバのバイトはとても人気があり、かなりの高倍率なです。

 

ですので、どうしても落ちる人は多く、スタバに対する熱い思いややる気があってもなかなか採用に至らないこともしばしばです。

 

スタバ店舗に落ちた理由を聞くことは勿論できませんが、バイトの合否は面接官とのフィーリングや雰囲気などを含め、採用時のタイミングによるところも大きいと言えます。

 

また、落ちた時は自分に何か欠点があるのではないかと悩みますが、決してそのようなことはありません。

 

スタバでバイトしたくて、諦めずに何度も面接に挑戦してやっと採用された方もいるほどです。

 

スポンサードリンク