スタバ バイト シフト

スタバのバイトシフトはどうやって決まる?

スポンサードリンク

スタバのバイトのシフトは1週間ごとになっており、勤務時間、曜日は雇用契約時に提出したものがベースになります。

 

3週間前までに希望を出し、2週間前には決まります。

 

テスト前など予定がある場合はこの時に申し出ておくと休みが取れます。

 

スタバはあくまでシフト制なので、いつも同じ曜日、時間に入れるというわけではなく、その時々の店舗や他のバイトの状況によって変動します。

 

勤務時間は長時間勤務だと1日の内の8時間程度、短時間勤務なら4〜5時間というパターンが多いようですが、店舗や希望時間にもよります。

 

また、オープンやクローズ勤務は時給も25%アップになるので、この時間にシフト希望を出すと効率良く稼ぐことができます。

 

自分の都合の良い時間にバイトでき、接客のノウハウやコーヒーの知識も身につけられるスタバのバイトはとてもやりがいがあります。

 

このように、スタバのバイトのシフトの組み方はちょっと特殊です。

 

スポンサードリンク

 

ですが、メリットもあるのです。

 

それは、短期間ごとのシフト調整なので「融通が利きやすい」ということ。

 

一般的なお店だと、1ヶ月ごとにシフトが組まれたりするのですが、1か月分の予定をまるまる把握するのって意外と大変です。

 

いきなり3週間後とかに、想定もしていなかったような急用が入ったりすることだってありますし。

 

それがスタバであれば、遅くとも2週間前までにはシフトが決定しますので、バイトする側としても予定を組みやすいのです。

 

ちなみに、スタバのシフト作成そのものは1週間ごとに作成されています。

 

シフトを作っているのは、ほとんどの場合ストアマネージャーです。

 

ストアマネージャーの手が空かないようなときは、代わりにアシスタントマネージャーが作る場合もあります。

 

バリスタであれば3週間前に希望シフト提出すればOKです。

 

ですが、SSVのポジションにつくと、1ヶ月分のシフトを毎月15日までに提出する必要があります。

 

スポンサードリンク

 

スタバのバイトは産休を取ることができるの?

スタバは社員もバイトも産休を取ることができます。

 

バイトで産休?と思うかもしれませんが、これは労働基準法で定められていることであり、雇用形態に関係なくどんなバイトであっても取得することができます

 

産休を取れる期間は産前6週間、産後8週間となっていますが、産休中は無給になります。

 

しかし、健康保険に加入していれば、出産手当金を受け取ることができます。

 

スタバは、従業員を大事にする企業と言われていて、バイトにも手厚い福利厚生があり、働きやすい環境が整っています。

 

実際に産休を取得するバイトもいて、個人の希望で臨月近くまで働いていたそうです。

 

未だに日本では妊娠を理由に解雇される企業も少なからずあり社会問題となっていますが、その中でもスタバは先進的な企業と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク